「やる」という習慣が身につくことで、結果を出せる人の仲間入りを果たすことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

children-593313_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やるか。それとも、やらないのか。

結果を出す人と、そうではない人の分かれ目だと思います。

どうして、やらないんだろう。すぐやれば、終わるのに。そんなことを考えていたら、自分もやらないことがあるなと気づきました(笑)。
 

■少しでもやる状態に変えるには、どうしたらいいのか

 
なかなか、やろうとしないときは、やり終わったあとのイメージができていない、やり終わったあとの満足感が満たされていないから、やろうとはしないのです。

また、そもそも何をやり始めたらいいのかわからないこともあります。

つまり、やろうとはしない理由を見つけるのは簡単なことなのです。できない理由ともいいますね(笑)。

どういうわけか、結果を出せない人には、このような言い訳をする人が多いですよね。

実際にやるよりも、何もしないで言い訳をしていたほうが簡単で楽ですから。
 
 
 
 
でも、見方を変えて、やらない状態から、少しでもやる状態に変えることができれば、新しい刺激をうけて、感じ方も変わってきます。でも、なかなかそこまでいかないというのが、結果を出せない人にはあります。(私もでーす 笑)

少しでもやる状態に変えるには、どうしたらいいのか。

それは、わかっていますとも。みんな、わかっているんです。

少しだけでも、やればいいのです。

ただ、やればいいだけです。とりあえず、5分だけやってみるのです。

これで、ほとんどのことが解決できちゃいます(笑)。小さな行動でも、繰り返していけば、やがてそれが習慣になっていきます。

「やる」という習慣が身につくことで、結果を出せる人の仲間入りを果たすことができるのです。

あなたは、やればできることを知っていて、小さな行動から始めていますか。
 

■「今日の教訓」

 
とりあえず、5分だけやる。1分だけでもいい。やればできる。できないというのは、ただやらないだけ。ほとんどの場合がそうだ。できないんじゃない、やらないだけなんだ。小さな行動でも、繰り返していけば、やがてそれが習慣になる。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする