時間が足りないと思っていても、やりたいことができていますか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

clock-64265_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことをしたいのに、時間が足りない。

もはや、解決することができない永遠のテーマなのでしょうか。

雑誌では、時間管理術について特集記事が書かれていますよね。それも定期的に(笑)。

それだけ、時間が足りないということは切実なのかもしれません。

でも、そろそろこの問題を終りにしましょう。

やりたいことをするために、決着をつけるのです!
 

■短い時間だけ取り組むからこそ、仕組み作りもやりやすい

 
決着をつけるなんて言葉を使うと、大変なことが起こりそうだと思うかもしれません。

いいえ、たいしたことはありません(笑)。

答えは、「短い時間でもいいから、やる!」。ただ、それだけです。

そんなことは当たり前だろっ!そんな突っ込みが聞こえてきそうですが、時間が足りないと思っているならば、まずは短い時間でもできることをやることが、問題をすべて解決するわけではないけれど、前進させることになりませんか。

では、逆に質問をします。

●まとまった時間があるなら、やりたいことを必ずやりますか?
●そもそも、まとまった時間とは何分ですか?
●時間が足りないと思っている状態で、まとまった時間を作ることができますか?

これらの質問に答えることができるのなら、あとはやるだけです。勝負の決着はつきました(笑)。
 
 
 
 
時間が足りないと思っているのに、具体的な対策もとらずに何もできないと感じている限り、やりたいことなんて一生できません。

いつかやりたいなと思っている間に、その一生が終わっています(笑)。

だから、時間が足りないと思っている中でも、短い時間でもいいから取り組んでみる姿勢が大切だと思うのです。

もし、小さな満足感を感じることができるのなら、繰り返しできるような仕組みを考えていけばいいのです。

短い時間だけ取り組むからこそ、仕組み作りもやりやすいのです。

あなたは、時間が足りないと思っていても、やりたいことができていますか。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことをしたいのに、時間が足りない。それでも、短い時間でもいいから取り組んでいくことで、小さな満足感のようなものを感じることができるのなら、繰り返しできるような仕組みを考えていこう。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする