悩むことをきっかけにして、将来のことを考えてみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

board-240136_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

ネガティブな気持ちになったり、悩んだりすることは誰にでもありますよね。

他人の立場から見ると、たいしたことはなさそうでも、本人にとっては深刻な状態なときがあります。

こんなときこそ、時間を作って、将来のことを考える機会にしてみてはどうでしょうか。
 

■消耗戦になるぐらいなら、悩みに対して向き合う勇気をもつことが大切なこと

 
ネガティブな気持ち、悩んだりすることは、できることなら避けていきたい。

そんなことを考えていると、頭の中がこんがらかってしまうのは、私だけではないはずです。(たぶん 笑)

避けようとしたって、避けられないし、悩みなんて、これからの人生のなかでいくらでもやってくるからです。

そのたびに、戦っていくのか?

そんなことをしていたら、ただの消耗戦になるだけですよね。

消耗戦になるぐらいなら、悩みに対して向き合う勇気をもつことが大切なことだと思うのです。
 
 
 
 
悩みと向き合うというと、重苦しい空気を感じそうですが、むずかしく考えずに、悩んでいることを紙に書き出したり、信頼できる人に話すだけでも、心の変化を感じることができるのではないでしょうか。

悩むことをきっかけにして、将来のことを考えるのも、ひとつの方法です。

未来のことですから、どうなるかは誰にもわかりません。

どうなるのかわからない未来の世界ですから、いま悩んでいることをエネルギーとして使ってしまえばいいのです。

悩んだら、将来のことを考えるために「ひとり会議」をしていみるといいですよ。

あなたは、避けることができない悩みがあったとき、どうしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
ネガティブな気持ちになったり、悩んだりすることはできれば避けたい。でも避け切れるものではないし、悩みなんて、これからいくらでもやってくる。だから少し時間を作って、将来のことを考えてみることも大切だと思った。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする