小さな変化を繰り返していけば行動を変えることができるようになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_8671399450
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

慣れ親しんでいるものを変えようとするのは、実は大変なことなんだと今頃になって感じている今日この頃です(笑)。

それでも、時間はかかるかもしれませんが、少しずつ変えていくことならできる手応えをつかんでいます。
 

■小さな変化を繰り返していき、大きな波を起こす!

 
1日の中での行動を変えるのが難しいと思ったことはありませんか。

何か新しいことをやろうとするときは、今までやっていることの中に、新しいことをする時間を確保しなければなりません。

たとえば、仕事が終わり、家に帰ってから、今まではテレビを観たり、風呂に入って、すぐに寝てしまうような生活をしているところへ、読書をしようとするなら、その時間を確保しなければ無理ですよね。

しかし、いきなり行動を変えることは難しい。

そんな簡単に変えられないよ。

これが、私の正直な気持ちでした(笑)。
 
 
 
 
それでも、本を読むことが好きな私は生活の改善をすることにしました。

その方法は、

・ちょっとやめてみる
・ちょっと休む
・ちょっと違うことをやってみる

いきなり変えることが無理なら、少しずつ変えていこう。

何とも子供じみた作戦をとることにしました(笑)。

テレビは、番組を録画して休日に観るようにしたり、風呂に入る前と出たあとに、すぐに本を読むことができるように、1冊だけ選んで、テーブルの上に置いたりしてみました。

いつもやっていることをやめてみたり、少しだけ省略すると、時間に余裕が生まれてきます。

やめるといっても完全にやめるのではなく、ちょっと休んでみる、時間をずらしてみる。

それだけでも、1日の行動が変わってきます。

いつもの1日とは、ちょっと違う。この感覚に気づくことができたら、行動を変えることができているという証拠です。

小さな変化でも、何度も繰り返していけば大きな波を起こすことができるのです。

みなさんも、行動を変えることが難しいと感じたときは、小さな変化を繰り返していくようにしてみてはどうでしょうか。

ほんの、ちょっとでいいんですよ。
 

■「今日の教訓」

 
いつもやっていることを、少しだけ省略してみると、わずか数分でも余裕が生まれるよ。1日の中での行動を変えることが難しいときは、どこか省略できるところはないか探してみるといいかも。
 
photo credit: JD Hancock via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする