問題を解決するために本を買ったのに、数ヶ月前に買った本にも同じようなことが書いてありませんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

book-791765_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

私には、悪いクセがあります。

それは、何か問題を解決しようとしたり、壁にぶつかったときに、すぐに新しいものを求めてしまうクセです。

新しいものが、問題を簡単に解決してしまうと思い込んでしまうのです。

もちろん、そんなことで解決なんかできません(笑)。
 

■今までの経験や知識で解決することができないのか

 
新しいものを求めてしまうのは、なぜなんでしょうね(笑)。

新しいものなら、何とかしてくれるとでも思っているのかもしれません。

たとえば、新しいものを求めて、本を買ってしまう場合、それによって新しい知識を得ることができるかもしれません。でも、本棚を見てみると、数ヶ月前に買った本にも同じようなことが書かれていたりします(笑)。

特に、自己啓発の本などが多いです。

同じテーマなら、そこに書かれている内容も同じようなものになるのです。

たとえば、目標達成がテーマだとすると、「目標を明確にする」、「他人の前で決意表明をする」「目標を細かく分けて、一歩ずつ進む」など、目標達成に必要と思われる内容が書かれていますよね。

それなのに、さらに「目標達成」について書かれている新しい本を買ったとして、目標を達成することができるでしょうか。

新しい本を買って読んでいる時間があるなら、その時間を目標達成のために時間を使うべきですよね(笑)。
 
 
 
 
多くの場合、問題を解決するのは、新しいものよりも、今までの経験や知識、友人たちに相談したほうが、早く解決できると思うのです。もちろん、ネットで検索してみるのもいいでしょう。

ただ、今までの経験や知識とは何かといわれても、ピンとこないかもしれません。

私は、行動記録を残すようにして、その中に経験したことや、学んだことも残すようにしています。

新しいものを求めることが悪いとは言っていません。でも、それはあくまでも手段であって、目的ではないのです。

あなたは、問題を解決するために、今までの経験や知識を活用していますか。
 

■「今日の教訓」

 
新しいものを求めるよりも、今あるもので問題が解決することがあると思う。ところで、今あるものって何だろう?行動記録を残しておかないとわからないことが、たくさん出てくるんだよね。記録を残しておくことは、大切なことだと思うんだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする