疲れが溜まりすぎると、リフレッシュすることを忘れてしまう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

girl-690614_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

疲れが溜まっているときの気分は、どんな感じでしょうか。

もう何もしたくはない。
面倒くさい。
早く眠りたい。

その疲れから逃れようとして、現実を無視した行動をしやすいのではないでしょうか。
 

■疲れが溜まってくると、いつも通りの行動をすることが難しくなってくる

 
疲れを、完全に無くすことは現実的ではありませんよね。疲れも、精神的なものと、肉体的なもの。その両方が重なっているものもあるからです。

だから、疲れが溜まってくることそのものは避けることはできないわけです。

疲れが溜まってくる前に休息をとりいれるか、疲れを軽減させることをしたほうがいいですよね。

疲れが溜まってきたなと感じた時は、リフレッシュさせることを忘れてはいませんか。
 
 
 
 
最初に書きましたが、

もう何もしたくはない。
面倒くさい。
早く眠りたい。

このような状態になっているときは、リフレッシュすることなんて忘れてしまっています(笑)。

できれば、このような状態になる前に、リフレッシュをしておくべきです。

私は、ストレッチをしたり、瞑想をしたりして気持ちを整えるようにしています。

外に出て、ランニングをすることもあります。

場所を変えるだけでも、気持ちをリフレッシュさせることができるからです。

疲れが溜まってくると、いつも通りの行動をすることが難しくなってきますから、リフレッシュを自分なりに用意しておくといいでしょう。

あなたは、疲れたとき、リフレッシュすることを忘れることはありませんか。
 

■「今日の教訓」

 
疲れが溜まっていると感じているとき、何か忘れていることはないかな。体や気持ちを、リフレッシュさせることを忘れていることが多い。疲れが溜まっているなと感じた時にする、リフレッシュを自分なりに用意しておくといいよ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする