行動記録を残すようになって感じた3つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

old-letters-436501_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

行動記録を残すようになって、あらためて振り返ることの重要性を感じています。

振り返ることで、いつ、どこで、何をしていたのか。

その当時では、気がつかなかったことがわかるようになってくるからです。
 

■行動記録を残していると、何となくすませたり、終わりにすることが減ってくる

 
行動記録なので

●いつ
●どこで
●何をしていた

この3つの情報は、必ずあります。簡単に説明すると、いつとは、何時から何時までの行動か。どこでとは、場所のことです。そして、何をしていたのかは、実際の行動です。

あとは、そのときに思ったことや、感じたことなどを書き残すようにしています。

特別なことを記録しているわけではありません。

日常生活を淡々と行動記録として残しているだけです。

もちろん、記録を残すことは面倒だし、忘れてしまうこともよくあります(笑)。

でも、それ以上にメリットがあることに気づいてからは、できる限り行動記録を残すようになりました。
 
 
 
 
メリットのひとつが体調管理です。

行動記録を残していると、調子が良いときと悪いときがわかってきます。

私の場合、季節の変わり目に体調を崩しやすいです。

これは、気温や湿度の変化が影響していると思われます。特に、暑いのが苦手です。今日のような猛暑日は最悪です(笑)。

行動記録を残していなくてもわかることかもしれませんが、実際に行動記録として残っていれば、信頼も高くなりますし、より具体的なものになります。

ただ、何となく調子が悪いということが減ってきます。

行動記録を残しているだけで、気がつくことあるのです。
 
 
 
 
さらに、行動記録を定期的に振り返ることで、いつ体調に変化が起きたのか。変化が起きた体調に対して、自分が何をやるべきかもわかってきます。

これは、ここに書くよりも、実際に行動記録を残して体験していただくことが一番いいです(笑)。

行動記録を残すようになって感じた3つのことは

簡単に、まとめてみると

●行動記録を残さないと、何となくですませてしまうことが多くなる
●行動記録を残しているだけで、気がつくことがある
●行動記録を振り返ることで、変化を時系列で分析することができるようになる

こんなところでしょうか。

やはり、実際に行動記録を残し、体験するのが一番ですね。
 

■「今日の教訓」

 
記録を残さず、振り返ることをしなかったときの代償は大きなものとなる。しかし、記録を残し、振り返るようにしていれば、代償を最小限にすることもできる。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする