自分の部屋の状態は、今の自分の状態を示している

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bed-174839_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

体の調子が悪いときや、イライラしているとき、周りの状態がどうなっているか見たことがありますか。

周りが見えていないことがあります。

自分のことで精一杯だから、周りを見ている余裕はないですね(笑)。
 

■いつもやっていることができなくなるから、周りの状態にも変化が出てくる

 
調子が悪いとき、イライラしている状態が続いているときは、いつもやっていることがおろそかになりがちです。

毎日、当たり前のことのようにしていることを忘れてしまったり、やる気がしないといって、すぐに諦めてしまったり。

簡単なことが、できなくなるのです。

たとえば、趣味の時間が減ったり、会話が減ったり、朝起きるのが遅くなったりすることです。

いつもやっていることができなくなるわけですから、周りの状態にも変化が出てきます。
 
 
 
 
たとえば、自分の部屋の状態はどうでしょうか。

簡単なこと、当たり前のことができない状態になりますから、散らかっていたり、汚れているところがあったり、何か変化を感じることがあると思うのです。

もちろん、そのことに気がつかないこともあります。

それだけ、調子が悪いときや、イライラしているときは、多くのエネルギーを使っているからです。

元気なときは、本を読んだら、本棚に入れるのに、そのまま読みっぱなしの状態。ゴミ箱の中のゴミもそのままの状態。テーブルの上には、うっすらとホコリがあったりしませんか。

自分の部屋の状態は、今の自分の状態を示していると思うのです。

自分は、大丈夫。まだまだやれる。元気だし、何の問題はない。

そう思っているなら、自分の部屋を覗いてみるといいですよ。

あなたは、自分の状態を示すものは、何かを知っていますか。
 

■「今日の教訓」

 
体の調子が悪いときや、イライラしているとき、自分の部屋の状態はどうなっているかな。散らかっていたり、汚れているところが多かったりする。部屋の中は、今の自分の状態を示していると思うんだ。 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする