「何もしなくてもいいよ」は、やる気を復活させる不思議な言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

03-37-38-48_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

誰にでも、やる気がなく、何もしたくないと思うときってありますよね。理由は、よくわからないけど、ただ何となくやりたくない。

そんなときは、「何もしなくてもいいよ」と声を出すと、不思議と自分ができそうなことが頭に浮かんできますよ。
 

■何もしたくないと思ったら、「何もしなくてもいいよ」と声をだす

 
何となくやり気がしないとか、ぼんやりしてしまうことはありませんか。

もしかしたら、体の具合が悪いのかもしれないので、休息ができるのならしたほうがいいです。

リラックスする方法は、人それぞれですが、仮眠をしたり、好きな音楽を聴いたり、友人たちとのおしゃべりでスッキリするのもありですね(笑)。

リラックスすることで、やる気が復活するなら、1日の中でリラックスをする時間を取り入れることで、やる気がしない状態を減らすことができるでしょう。
 
 
 
 
もうひとつの方法は、やる気がなく、何もしたくないと思ったら、「何もしなくてもいいよ」と声を出してみてください。

「今まで、がんばってきたから、ちょっとひと休み」

「次に向けての、充電をする時間だから」

こんなふうに、自分で自分を褒める言葉をかけると、さらに効果が上がります。

「何もしなくてもいいよ」と声をかけると、まだできることがあると感じたり、このままの状態でいるのは勿体ないと思って、行動を起こすことができますよ。

まずは、お試しあれ~。ですね(笑)。
 

■「今日の教訓」

 
やる気がなく、何もしたくないと思う時もある。何もしなくてもいいと、言葉に出すことができるかやってみよう。ただ、言うだけでいい。何もしなくてもいいと言うことができると、不思議と自分ができそうなことが頭に浮かんでくるよ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする