どんな状況になっても自分ができることがわかるツール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_1146678
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

生きていれば、良いことも、悪いこともある。

そんなふうに思っていても、不満をぶちまけたり、空回りをしていると感じたことはありませんか。
 

■いま自分ができることがわかるツールを持っているか

 
いちばんの理想は、どんな状況になっても、自分ができることをやること。

結果は、あとからついてくる。

これが、私の理想です。

でも、現実は・・・(笑)。

なかなか、上手くはいかないものです。

ただ、2~3年前と違うところは、行動記録をとったり、チェックリストを作り、それを見ながら行動することで、どんな状況になっても、いま自分ができることはリストに書かれていることをすればいい状態になっています。

いま、あらためて考えてみると、自分一人でできることは限られています。

でも、不満をぶちまけていたり、空回りしてるときは、その限られた小さなことでさえ忘れてしまったり、やろうとはしない自分がいたりしませんか。
 
 
 
 
私は、行動記録を振り返ったり、チェックリストを見ながら行動をすることを続けていくなかで、限られた時間、限られた場所、限られた資源のなかでも、自分ができることをやれるようになってきました。

たとえば、チェックリストに書かれていることを、すべてやろうとするのではなく、限られた条件の中でもできることをやっていくのです。

つまり、どんな状況になっても、いま自分ができることがあるのです。

そのことに気づかせてくれるツールが私の場合は、行動記録とチェックリストだったのです。

ツールは、何でも構いません。

みなさんは、どんな状況になっても、いま自分ができることがわかるツールを持っていますか。
 

■「今日の教訓」

 
どんな状況になっても、いま自分ができることがあると思う。最もベストだと思うことをやってみよう。
 
photo credit: Alexander Becker via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする