先送りをしていると、物を言わない「期限のないタスク」たちが増殖する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

list-820967_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

タスクの先送りを続けても、やらなければならないことってありますよね。

やりたくなーい。めんどくさーい。

そんな、心の声に打ち勝ち、行動を起こすまでには、時間とエネルギーが必要ですよね。
 

■物を言わないタスクには、自分から物を言ってみよう

 
すぐに、処理してしまえば、大したことがないタスクも、先送りを繰り返し、時間の経過と共に熟成されていくと、厄介な存在に変わることがあります。

期限のあるタスクが、その候補として上がると思いますが、実は先送りを繰り返していると、厄介な存在に変わるのは「期限のないタスク」です。

このタスクは、物を言わないタスクなので厄介なのです。

期限のあるタスクの場合、日時が設定されていることで、期限が近づくにつれて、自分の存在をアピールしてきます。

期限が迫ってるよー。早く処理しておくれよー。

うっとうしいかもしれませんが、教えてくれるだけマシでしょう。
 
 
 
 
でも、物を言わない「期限のないタスク」たちは、タスクリストの中に存在はしていますが、先送りを繰り返していると、だんだん目立たなくなり、気にならなくなる特徴があります。

やがて、タスクリストの中に存在はするけど、先送りすることが当たり前になります。

この状態は、非常に危険です。

タスクリストのタスクが増えることにもなるし、処理するかどうかわからない曖昧なものが、タスクリストの中に溢れかえって、本当に処理したいタスクたちが見えなくなってしまいます。

だから、定期的にタスクリストを洗い直し、原則として、今日やるタスクだけをリストアップすべきなのです。

先送りを続けているタスクは、少しでも良いから始めるしかないと思います。

物を言わないタスクには、自分から物を言ってやりましょう(笑)。

自分からアクションを起こさない限り、期限の無いタスクたちは居座り続けてしまうからです。

小さな一撃を食らわし、牙城の一角を崩すことさえできれば、一歩前に進むどころか、一気に崩れることもあると思うのです。
 

■「今日の教訓」

 
先送りを続けて、始めることができないときは、少しでも良いから始めるしかない。小さな一撃を食らわすのだ。牙城の一角を崩すことができれば、一歩先に進んだことになると思うんだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする