やり方を間違えたときにも、チェックリストを作る習慣があると時間の投資になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

puzzle-421718_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

作業中に、やり方を間違ってしまうと、あちゃー、やっちまったぜー。

みんな、ごめんね。ごめんね。

心の中で、何度も謝ったりしています(笑)。
 

■間違ったら、そのままにしないでリストを作ろう

 
簡単な作業でも、間違えることってありませんか。

毎日のように繰り返していることでも、うっかりミスというものがありますよね。

人間だから、仕方がないよな。

そう思いつつ、何でこんな簡単なことを間違えるんだ。もう二度と間違えないようにしよう。

そう思っていると、また間違ってしまう(笑)。

やはり、疲れているのか。それとも、歳のせいか。
 
 
 
 
こんなことを繰り返していても、時間の無駄になってしまうので、今ではチェックリストを作るようになりました。

間違えたときは、ここは「要注意!」など、目立つようにして、間違いを減らすようにしています。

作業を覚えるために、チェックリストを作るのもいいですが、やり方を間違えたときも、リストを作る習慣があると、最初はリストを作るのに時間が必要ですが、間違いが減るたびに、時間を有効に使えることができるようになります。

面倒だと思っていても、最初にリストを作る時間は、時間を有効に使うための投資の時間となるのです。
 

■「今日の教訓」

 
やり方を間違えてしまったとき、もう二度とこんなことをしないようにすると思う。間違えると、やり直すことになり、その分だけ時間を使うことになってしまうから。やり方を間違えたときにも、リストを作る習慣があるといいと思うんだ。
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする