学びっぱなしでは、知識も経験も錆びついてしまって、いざという時に使えない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

education-548105_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何か問題が発生したとき、どのように解決しようとしていますか。

知識がある人に、解決を求めますか。それとも、過去の経験から、解決することを試みますか。

解決する方法はわからないけど、思いきってチャレンジをしますか。

解決方法は、いろいろありますが、ひとつだけ気をつけたほうがいいことがあります。
 

■他から何かを持ってきて、それを問題になっている箇所に埋めていないか

 
問題を解決しようとするときは、早く答えを出したいという気持ちがあったりしませんか。

そもそも、問題が無いほうがいいですからね(笑)。

問題が解決すれば終わる。先に、進むことができる。こういう状態のときは、解決することに意識が向きますよね。

そこで、ネットで検索をしたりします。

特に、今どきのお子様たちは、そうみたいです(笑)。
 
 
 
 
わからないことがあったら、ネットで検索をしてみる。別に、悪いことではありません。私も、検索して調べることもありますから(笑)。

ただ、検索をしていて気になったのは、問題を解決しようとするとき、新しいものを求めすぎてはいないかと思ったのです。

他から何かを持ってきて、それを問題になっている箇所に埋めていく感じです。

ケガをしたとき、傷口に薬を塗るようにです。

でも、本当は他から薬を持ってくる必要はないかもしれないのです。
 
 
 
 
たとえば、問題を解決するため、新しい本をAmazonで検索していて、この本なら役に立つと思う本を見つけ注文しました。

でも、本棚をよく見てみると、同じような本があったりしませんか。

しかも、大切だと思うところに、付箋を貼り付けてあったり、線を引いたり、メモまで書き込んであったりして、その当時の自分は、それだけ大事なことが書かれていたと思っていたとしても、現在の自分は忘れてしまっていることもあるのです。
 
 
 
 
問題を解決しようとする姿勢は大切です。

でも、すぐに新しいものを求めてしまうのは、どうかと思うのです。

せめて、今まで学んだ知識や経験があるのか。

新しものを求める前に、考えてみてほしいのです。

もし、知識や経験があるのなら、すぐその場で、問題を解決するために動き出すことができます。

新しいものを求めるよりも、圧倒的に早いはずです。

そのためには、やっぱり、今まで学んできた知識や経験の整理が必要になってくると思うのです。

学びっぱなしでは、知識も経験も錆びついてしまって、いざという時に使えないのです。
 

■「今日の教訓」

 
問題を解決しようとするとき、新しいものを求めていることはないかな。それだと時間がかかるから、今までの知識や経験を使って解決するようにしたほうがいい。今までの知識や経験なら、すぐに試すことができるからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする