失敗や反省から、次につながることは何かを考えて行動を起こしていこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jump-493889_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

失敗は、誰にでもありますよね。

いままで、失敗を一度もしたことがない人がいたら、お目にかかってみたいです(笑)。

失敗したら、反省をします。(反省しないこともあるけど 笑)

やっぱり、失敗を失敗したままで終わらせるのは勿体ないことだと思うのです。
 

■良くないところを、少しずつ修正していけばいい

 
失敗もいろいろあって、小さな失敗から、取り返しのつかない失敗まで、幅広いですよね。

それに、人によって、失敗だと思ったり、そうだとは思わなかったり。失敗したことに気づいていなかったり(笑)。

まあ、人それぞれなんでしょうけど、失敗から学び、成功することはあります。

だから、失敗しても、次につながることは何か。

その辺のとこを、考えてみるのもいいんじゃないかと。
 
 
 
 
ただ、どうしても、失敗すると、落ち込んだり、やる気を失ったり、何らかのダメージを受けることもあります。

失敗したら、すぐに学べとはいえません(笑)。

たとえば、仕事でミスをして、大勢の人たちに迷惑をかけて、すぐにそこから、学ぶことなんてできませんから。

学ぶよりも先に、号泣してしまうかもしれないからです(笑)。

ちょっと時間をおいて、落ち着いてきたら、失敗したことを反省して、そのままにせずに、次につながることは何かを考えるといいと思うのです。

誰だって、失敗はしたくないと思っていることでしょう。

失敗を何度も繰り返してしまった日もあるでしょう。

すべてが、次につながる出来事になるはずです。

だって、失敗をしても、今日まで生きてきたのですから。

まずは、環境を整えることから始めてみてはどうでしょうか。

自分の生活習慣を振り返り、良くないところを、少しずつ修正していけばいいのです。
 

■「今日の教訓」

 
失敗や反省から、次につながることは何かを考えて行動を起こすことは大切なこと。まずは、環境から整えることができないかやってみるといいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする