解釈を変えるというのは、「現在の自分」に戻ってくることです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

thinking-908345_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

うまく物事が進まないとき、解釈を変えてみよう。

そんなことが、言われることがありますよね。

つまり、見方を変えたり、別の角度から見たりして、考えたりすることです。

言うのは簡単だけど、実際は難しいです(笑)。
 

■出来事に対して、現在の自分はどんな反応をするのか

 
いま起きている出来事そのものには、意味がないと、本には書いてあったりします。

たしかに、出来事が勝手に、自分が考えていることや、感じていることを決めているわけではありませんよね。

出来事が決めるのではなく、過去の経験から、引っ張り出してくるのだと思います。

未来に対する不安も、そうなのかもしれません。

いずれにしても、過去や未来に影響を受けすぎると、いま起きている出来事が歪んで見えてしまうのではないでしょうか。

だって、現在がありませんからね(笑)。
 
 
 
 
だから、解釈を変えるというのは、「現在の自分」に戻ってくることではないかと思うのです。

出来事に対して、現在の自分はどんな反応をするのか。

その反応を探ることが、解釈を変えていくことになるのではないかと。

どんな出来事が起こっても、「現在の自分」に戻ってきて、そこから、自分に役立つように、プラスになるような解釈の変更ができるのです。

もし、解釈の変更がうまくできない。わからないときは、現在の自分の様子を観察してみるのもいいと思います。

あなたは、解釈の変更をうまくすることができますか。
 

■「今日の教訓」

 
解釈を変えるとは、視点を変えること。見方を変えること。プラスになるように、役に立つように、そんな解釈の変更ができたら、気持ちの整理も楽になると思うんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする