やりたいことを優先するのと、やりたくないことも処理していく、二刀流の形にしていくために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kazu(@kazkazstyle)です。

1日の時間は決まっているのに、それ以上の時間を使って行動しようとしていませんか。

時間が無い。時間が足りない。

こういった感覚、経験は誰にでもあると思いますが、果たして、本当に時間が無いのでしょうか。足りないのでしょうか。
 

■時間を区切って、時間が来たら、そこで中断して、次の行動に移る

 
時間が無い。時間が足りないと思うときは、どんな場面でしょうか。

1つ例を出してみると、「やりたいことがあるのに、それができない」ときです。

こんな時は、気持ちが悶々としたり、もどかしさを感じたりするものです。

では逆に、やりたいことを優先していたら、どうなりますか。

きっと、多くのやりたいことができると思います。

だって、優先していますから(笑)。
 
 
 
 
でも、やりたいことばかり優先していると、当たり前のことですが、今度は他のことができなくなります。

そして、いくらやりたいことを優先しているとはいえ、「やりたくないこと」だってありますし、そこに時間を使わなければいけないこともあります。

それじゃあ、どうすればいいんだーってことになります(笑)。

1日の時間を増やすことはできませんから、その中で最適化を目指すしかありません。

たとえば、時間を区切って、時間が来たら、そこで中断して、次の行動に移るのです。

たしかに、中途半端で終わるかもしれません。もっと、先に進みたい気持ちもあるでしょう。

やりたいことを優先してやっているときは、やめたくはないと思います。
 
 
 
 
でも、やりたくないことを処理していくことも大切です。

やりたくないことでも、やらないといけないものに、できるだけ神経を使いたくなければ、1日のどこかでやる時間を決めていく必要があります。

やりたいことを優先するのと、やりたくないことも処理していく、二刀流の形にしていくためには、時間を区切って、それぞれ集中して取り組むことが大切なのです。
 

■「今日の教訓」

 
やりたいことを優先するのはいいけど、時間を使いすぎると他のことができなくなる。だから、時間を区切って、時間がきたら中断して、他のことをやるようにしてみるといいよ。やりたくないことを、どう処理していくかも大切なことなんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly