中途半端な状態は、決して悪い状態じゃないよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kazu(@kazkazstyle)です。

突然ですが、中途半端な状態を想像してみてください。

どんな気分になりますか?

何だか気持ちが悪い。
キリのいいところまで、進めておきたい。
全く、気にならない。

感じ方は、人それぞれですが、中途半端な状態は、決して悪い状態ではありません。
 

■中途半端な状態を否定するよりも、それをうまく利用する

 
中途半端な状態を受け入れることができないと、完璧主義に陥りやすくなります。

どこまでの状態を、中途半端とするのか、難しいところもありますが、すべてを終わらせる必要はないものはあるはずです。

終わらせる必要のないものを、無理してでも終わらせようとするのは、体にも負担がかかりますし、時間を有効に使っているとはいえないです。

途中まで進めて、次に別のことをやることは、決して悪いことではないと思うのです。
 
 
 
 
また、あえて中途半端な状態を作るのも良いでしょう。

何か心の中で引っかかるものがあったり、気になりだしたら止まらない(笑)、そんなモヤモヤとしたものを感じたりもするかもしれません。

そんな気持ちが悪い状態を解消するために、さらに先へ進みたいという気持ちも出てきます。

先ほど書いたような、完璧主義になるのは良くありませんが、少なくとも、とりあえず始めてしまって、中途半端な状態を作ると効果があると思うのです。

だから、中途半端な状態を否定するよりも、それをうまく利用することを考えたほうがいいですよね。

あなたは、中途半端な状態を、どう思っていますか。
 

■「今日の教訓」

 
中途半端な状態は、決して悪い状態ではない。あえて中途半端な状態を作ることで、それが気持ち悪くてやる気も出たりするから。だから、少しでもいいから始めてしまうのも効果があると思うんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする