継続できないことがあっても、その時がきたと思ったら、再スタートすればいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kazu(@kazkazstyle)です。

あなたは、やり直すことについて、どう思っていますか。

何度でも、やり直すことはできると思ったり、恥ずかしいと思ったり。

やり直すことを、どのように捉えているかで、次の行動も変わってきます。 

■経験は、失ったりすることはない

 
自分の体型を見たとき、中年太りのオッサンで、このままではヤバイと思っていたときがありました。

そこで、そうだ!減量をしよう。

安易な考えですが(笑)、ランニングをすることにしました。

始めのころは、やる気もあって、短い距離でしたが走り続けていました。しかし、猛暑のなかを走るのを避けていたら、少しずつ走る回数が減っていき、次第に走るのをやめてしまいました。

最初だけ、盛り上がって、あとは規模が縮小していくという、習慣が途切れてしまう、ひとつのパターンになってしまいました(笑)。
 
 
 
 
それから、1年近く走ることはなかったのですが、このまま終わりにしたくはないという気持ちが、突然現れました。

でも、今さらとか、やっても無駄だ。

そんな言葉が、頭のなかを走り抜けていきましたが(笑)、ランニングを再スタートしました。

当然のことですが、1年のブランクの影響は相当なもので、タイムはひどいし、まともに走ることはできませんでした。

でも、ひとつ気づいたことは

今までやってこられたから大丈夫ということです。

もちろん、すぐに走れるようになったわけではありませんが、体力は落ちたとしても、ランニングをした経験は、そのまま残っているのです。

経験は、失ったりすることはありませんよね(笑)。

自転車だって、1度乗れるようになれば、いつでも普通に乗ることができるのと同じです。

継続できないことがあっても、その時がきたと思ったら、再スタートすればいいことに気がつくことができました。

あなたが継続をやめてしまったもので、再スタートさせることができるものはありますか。
 

■「今日の教訓」

 
やり直して、また最初の一歩を踏む出すことはできる。だから、継続できなかったからといって、それで終わりにはしたくない。今までやってこられたのなら大丈夫。その時がきたと思ったら、再スタートすれば良いんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする