タスクリストを活用するコツは、定期的にリストを見ることです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kazu(@kazkazstyle)です。

タスクリストや、チェックリスト。

リストを使うようになって、3年ちょっとが経ちました。

いまでは、無いと困るほど、リストに頼りきっています(笑)。
 

■何のために、タスクリストを作ったのか?

 
タスクリストを活用するコツは、定期的にリストを見ることです。

当たり前のことのようですが、タスク管理がうまくできない人のなかには、リストをほとんど見ない人もいるみたいなので(笑)。

リストを作ることで安心してしまったり、リストを作ることを目的にしてしまう人がいるようです。

私も、人のことをいえる立場ではなかったです(笑)。

特に、リストを作って安心してしまうタイプでした。
 
 
 
 
しかし、リストを作って安心してしまったら、何の目的でタスクリストをつくったのかわかりませんよね(笑)。

リストに書かれていることを見なかったり、無視していたら、リストからの脱線が始まります。

この状態になると、タスクリストの存在を忘れたり、目的を見失うことになり、タスク管理なんて必要ない!そんなふうに思ってしまうかもしれません。

これでは、計画通りには進まないし、理想の1日を過ごすことは難しくなってしまいます。

何のために、タスクリストを作ったのか?

つねに、問いかけるように心がけて、タスクリストを定期的に見るようにして、リストに書かれているように行動していけば、計画通りに進むし、理想の1日に近づくことができます。

少なくとも、タスクリストから脱線した状態よりは、良い結果がでる確率も高くなっていくはずです。
 

■「今日の教訓」

 
タスクリストを見なかったり、無視してしまうと、そこから脱線が始まる。これでは、計画通りに進まないし、理想の1日を過ごすことなんてできないよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする