記録を残していれば、具体的な成果もはっきりする。比較できるものは、具体的な対象物を決めておく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cherries-167810_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

物事を具体的に見たいとき、私たちはどうしているでしょうか。

たとえば、絵を描いてみたり、図で表すこともできますよね。言葉で説明するよりも、具体的になります。

抽象的なものを、具体的なものに近づけていくことは大事なことだと思うのです。
 

■数値化できるものは、数値であらわす

 
物事を具体的に見るための1つの方法として、記録に残すというものがあります。

スポーツの世界では、点数や時間、勝率や選手個人の成績などです。

これらは、実際に参加したときの記録です。

一定の条件で、記録を比較することで、優劣もはっきりしますし、どこが良かったのか、悪かったのかも検討することができるのです。

特に、記録の中では、数字が重要な役割をはたします。

数字なら、誰が見ても多いのか、少ないのかがわかります。つまり、複数のものを比較するのが簡単にできますよね。
 
 
 
 
だから、数値化できるものは、数値であらわすようにしたほうがいいでしょう。

そして、比較するときは、具体的な対象物を決めておくと、さらに比較がしやすくなります。

たとえば、比較する対象を自分自身にしたっていいわけです。

前回の記録よりも、今回はどうだったのか。

自分自身が対象なら、すぐにわかりますよね(笑)。

記録を残しておけば、具体的な成果もわかりますし、様々な角度から分析することも可能になります。

曖昧なものを、具体的にしていくには、記録を残すことが有効なのです。

あなたは、何か記録を残していますか。
 

■「今日の教訓」

 
記録を残していれば、具体的な成果もはっきりする。数値化できるものは、数値であらわし、比較できるものは、具体的な対象物を決めておくといいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする