これだけはやりたいと思っていることは、短い時間でもいいから取り組んでみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

away-957818_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

これだけはやりたいと思っていることができると、他の些細なことができなくても、「ま、いいか」で終わりにすることもできますよね。

でも、やりたいと思っているのに、やらない状態が長く続いてしまうと、やらない習慣が身についてしまうので注意が必要になってきます。
 

■もしやらなければ、やらない習慣が身についてしまうし、せっかくの良い習慣が育たなくなる

 
私にとって、どんなに忙しくても、これだけはやりたいと思っていること。

それは、このブログの更新です(笑)。

旧ブログ時代を含めて、1000日以上、更新し続けているので、ブログを書く習慣ができちゃってます(笑)。

でも始めから、続ける習慣があったわけではなく、とにかく、ブログを書くことだけを考えていました。

●短い文章でもいい
●内容は、深く考えない
●ブログを書く時間を、最初に決めてしまう

この3つを意識しながら、ブログを書いていました。

それでも、途中で心が折れそうになったり(笑)、今日は書かなくてもいいやと思ったり。

でも、短い時間でもいいから、書き続けていくことだけを考えていました。 
 
 
 
もし、途中であきらめてしまったり、やったり、やらなかったりしていたら、やらない習慣が身についてしまったと思います。

やらない回数が増えていくと、できない理由が次々と生まれ、さらにやらないという落とし穴に沈んでしまうと思うのです。

だからこそ、これだけはやりたいと思っていることは、短い時間でもいいから取り組んでみることが大切なのです。

せっかくの良い習慣が育たなくなってしまいます。

あなたは、これだけはやりたいと思っていることを、やっていますか。
 

■「今日の教訓」

 
どんなに忙しくても、これだけはやりたいと思っていることは、短い時間でも実行したほうがいいと思う。もしやらなければ、やらない習慣が身についてしまうし、せっかくの良い習慣が育たなくなるから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする