ここが良くないと気づいたあとの行動が大事になってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

success-882592_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

タスクが完了したあとに、ここは良くなかったな。次は、ここから始めてみよう。

そんな気づきがあるときがあります。

そのままにしておいては、もったいないですよ。
 

■違和感に対抗するために、いつもとは違うことをやってみる

 
ここが良くないなと気づくことは、自分が思っていたこと、求めているものが違うなど。

違和感を感じているのではないでしょうか。

この違和感を残したまま、先に進むこともできますが、良くないと気づいたのですから、ここはやはり、修正していきたいものですよね。だって、違和感を感じたままでは、気持ちが悪いじゃないですか。

多くの人たちが、この違和感を感じながら生活をしているんじゃないかと、勝手に思っています。

居酒屋で、酒の勢いをかりて、不満や愚痴をいっているのを見ていると、そう感じてしまいます。

だから、ここが良くないと気づいたあとの行動が大事になってくるのです。

たとえば、次はやり方を変えてみるとか、あえてやらない選択をしてみるとか。

違和感に対抗するために、いつもとは違うことをやってみるのです。
 
 
 
 
これには、修正する力が必要です。

いつもとは違うことをするということは、いままでやってきた習慣に逆らうことになるからです。

ある意味、これは自分への課題だと思います。

そのまま無視をしてもいいし、課題に取り組んでみるのもいいでしょう。

課題に挑戦して、結果を出すことができれば、卒業です。

そのとき、違和感は感じなくなり、ひとまわり大きく成長しているはずです。

あなたは、ここが良くないと気づいたあとの行動を意識していますか。
 

■「今日の教訓」

 
ここが良くないと気づいたあとの行動は大事なこと。あとは、そこをどう修正していくか。自分への課題に挑戦するときがやってきたんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする