時間は有限だから、時間を区切って行動しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ring-948023_640 (1)
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

1日の時間を有効に使っていくには、どうしたらいいのか。

もし、そんな質問をされたら、まず最初に、こう答えます。

1日24時間を、細かく区切ってね」と。
 

■頭の中で考えているときは、大きな塊として時間を判断している

 
時間を有効に使えていないなと思ったとき、行動記録を振り返ることがあります。

振り返る中で気づいたことは、時間を「大きな塊」としてしか見ていなかったのです。

今はタスク管理をしているので、時間を大きな塊として見ることは少なくなりましたが、それでも過去の癖みたいなものが残っているようです。
 
知らない間に、時間を大きな塊として見てしまうことがあります。
 
 
 
 
1日のすべてのタスクを考えたり、覚えてこくことは、私にはできません。

それにも関わらず、頭の中で考えているときは、大きな塊として判断しているようです。

タスク管理をして、1日を3時間ごとに区切って、行動をするようになってからは、区切りの中の3時間のタスクに集中できるようになりました。

でも、1日を有効に使えていないなと思うときは、その区切りの3時間を完全に無視してしまっているとがわかりました。

別に、3時間という枠を意識する必要はないかもしれませんが、時間は有限ですから、どこかで時間を区切って、行動をしなければ、無駄な時間を生む確率も高くなりますし、本当にやりたいことに使える時間は、確実に減っていきます。

時間を区切って、行動することに集中すれば、他の時間帯のことは、とりあえず考えずにすみますよね。

時間を有効に使っていないと思ったら、時間を区切ってみるといいですよ。
 

■「今日の教訓」

 
1日すべてのタスクを考えるのは大変だから、1日を数時間ごとに区切って、その区切りの中で考えるようにしたほうが楽だよ。このほうが、集中できるし、疲れないから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする