数値化できるものは、数値化して、数字の変化に注目していく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pay-598853_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

今日は、数値化できるものは、数値化しておこうぜ!

そんなお話です。

ちょっと前にも、同じような記事を書いたような気がしますが(汗)。

でも、いいんです。

すぐに忘れちゃうから、また書きます(笑)。
 

■見た目だけで判断すること、それはひとつの材料にすぎない

 
数値化したほうが、はっきりわかるものとして、「体重」がありますよね。

普通、見た目だけで、すべてを判断して、あいつ太っている。あいつガリガリじゃん。そんなことはしませんよね。

たまに、見た目で判断しちゃうこともあるけど(笑)。

見た目よりも、数値で判断したほうが、具体的になりますし、その数値さえ見れば誰にでも同じ判断をすることができます。

体重が60キロの人と、70キロの人。

どちらが、体重が重いのかわかりますよね?

大丈夫ですよね。

60キロの人のほうが重いなんて言わないでくださいね。
 
 
 
 
もしこれが、見た目だけで判断した場合、どちらが重いのか判断するのは難しくなります。

見た目ですから、身長や体型、男性なのか、女性なのか。

外見だけで判断することになります。

着ている服装でも、太っていることを隠すこともできます。

だから、見た目だけで判断すること、それはひとつの材料にすぎないのです。

数値化できるものは、数値化して、数字の変化に注目していくのが大事です。

数値だから、傾向もつかめますし、対策を練る(ダイエット?)こともできるようになりますよね。

日常生活のなかで、数値化できるものはないか。

探してみるのも、面白いですよ。
 

■「今日の教訓」

 
数値化できるものは、数値化しておく。こうした数字の変化に注目していくことはいいことだと思う。その傾向もつかめるし、対策を練ることもできるようになるからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする