相手と比較してもいい、そこから学んでいけばいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

life-863037_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

世の中には、自分よりもできる人、すごい人がたくさんいますよね。

すごいなー。かっこいいなー。あんな人になってみたいなー。

すごい、かっこいいは、なれるかもしれませんが、あんな人にはなることはできません。

自分は、どんなにがんばっても、自分だからです(笑)。
 

■比較してしまうのは仕方がないこと

 
他人と比較はするなと言われることがありますが、それは無理ってもんです(笑)。

ひとりで生きているわけではないですし、他人が存在するから、自分という人間が存在していることを認識しているのですから。

どうしたって、比較してしまうものです。

それを、無理に比較しないようにしようとすれば、余計に比較をしてしまうことになってしまいます(笑)。

だから、比較してしまうのは仕方がないことなのです。
 
 
 
 
でも、比べてしまうのには、理由がありますよね。

憧れの対象になっていたり、目標とする人だったり。ライバル意識をもっていたり(笑)。

どうしても意識してしまう人っていますよね。

比較しても仕方がないとわかっていても、意識してしまうなら、自分にとって、プラスになることは取り入れていくようにしましょう。

最悪なのは、相手と比較して、自分のことをダメなやつだと思ったり、落ち込んで行動不能になってしまうことです。

「人は人、自分は自分」。

そんな言葉もあるじゃないですか(笑)。

相手と比較してもいい。そこから学んでいけばいい。

そう考えると、世の中にはすごい人がたくさんいるはずです。
 

■「今日の教訓」

 
自分よりもできる人を見ると、すごいなと思うことがある。比べても仕方がないけど、学べるべきことが多いのも事実。自分にとって、プラスになることは取り入れていく姿勢が大事だよね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする