やることが増えたときにやっている2つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_504413268
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

仕事などで、やることが増えると負担が大きくなることがありますよね。従来のやり方でいくのか、新しいやり方を模索していくのか。今までとは、違った選択肢を選ぶ決断が出てくることもありますよね。
 

■質より量を選ぶか、量より質を選ぶか

 
作業が増えたときに、私がやっていることは、次の2つが多いです。

・やらないという決断をする
・少しだけやる

特別なことはしていません(笑)。

ただ、やることが増えて負担が大きくなったことに、文句を言ったり、愚痴をこぼすよりかはいいと思っています。
 

■やらないという決断をする

 
負担が増えた分、他にやらないことを決めるやり方です。そうはいっても、簡単なことではないはずです。特に、仕事の場合は、「僕、これやりません」なんて言えないですから(笑)。

そんな中で、やらないことを探すのは大変かもしれませんが、今やっている仕事をあらためて考え直すことになりますから、チャンスがやってきたといえることもできます。
 

■少しだけやる

 
これは、ほぼ毎日やっていることや、締め切りまでに日数があるようなものがあるときに、少しだけでもやっておくことで貯金を作っておく方法です。

やることが増えて、負担が増えているときこそ、今までやっていたことを減らすかわりに、あえて少しずつやってみるのです。

なんだか矛盾していますが(笑)。

ほぼ毎日のようにやっていることや、締め切りまで日数があるものも放っておくわけにはいきませんから、少しだけでもやって先に進めておくのです。
 

■最後に

 
やることが増えて、負担が増えた時、場合によっては白旗を揚げて降参することも大切だと思います。

でも、白旗を揚げることができないのなら、今までとは違った選択肢を選ぶ決断が重要になってくるでしょう。

自分にとっての、「限界」と「限度」を知っておくことが、どの決断をするのか、その判断基準となると思います。
 

■「今日の教訓」

 
やることが増えて、今よりも負担が増えた時は、どうするのか。やはり、何かを「やらないという決断」も必要になってくると思う。質より量を選ぶか、量より質を選ぶか。今までとは、違った選択肢を選ぶ決断が出てくると思うんだ。
 
photo credit: xiaming via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする