イライラして、同じようなことを繰り返し考えることをやめるためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pencil-918449_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

イライラしたり、悶々としているときは、周りに起きていることが目に入らなくなったり、集中力も欠けてしまいますよね。

同じようなことを頭の中で考えて、グルグルと回っている状態になっているからです。
 

■頭の中でグルグルと回っている状態を作り出しているのは、過去の記憶に反応しているから

 
イライラしているときは、頭の中で同じようなことばかりを考えていませんか。

まあ、気持ちもわからなくはないですが。

同じことがグルグルと回っている感じですよね。イライラした出来事を何度も繰り返し再生しているようなものです。

その出来事は、すでに過去の出来事のはずです。

つまり、出来事としては、もう終わったことです。

それでも、イライラしたり、納得がいかなかったりして、頭の中でグルグルと回っている状態を作り出しているのは、過去の記憶に反応してしまっているのです。

しかも、その記憶はおそらく真実のものとは違うでしょう。

考えれば、考えるほど、その記憶は捏造されていくからです。
 
 
 
 
このグルグルしている状態の回転数を落とすには、紙に書き出すといいですよ。

頭の中から、外に出してしまうのです。

紙に書き出せば、目に見える形になります。

つまり、頭の外へ出すことができている状態です。

頭の外に出すことができれば、同じようなことを頭の中で考える必要はなくなります。

紙に書き出したものを見ればいいですし、何か他に書きたいことがあれば、書き足せばいいからです。

紙に書き出すという、当たり前すぎるやり方かもしれませんが、頭の中でグルグルと回っている回転数を落とすことができるのは確実です。

回転数を落とすことができて始めて、冷静に考えることができるようになるのです。

あなたは、イライラしたり、悶々としているとき、冷静に考えることができますか。
 

■「今日の教訓」

 
イライラしたり、悶々としているときは、同じようなことを頭の中でグルグルと回っている状態のときがある。紙にちょっと書き出すだけで、グルグルの回転数を落とすことができる。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする