継続していくための2つの条件。手ごたえや刺激が続ける理由になったり、やる気をアップさせるエネルギーになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

biker-384921_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。kazu(@kazkazstyle)です。

何も感じずに動いていると、飽きてくるし、動きも単調になりがちですよね。

たとえば、仕事だって、ある程度の刺激があれば、それに反応することで変化を感じることができますが、刺激も無く、手ごたえも感じることができない時間が長く続くと生産性も落ちてきます。

だからこそ、手ごたえや刺激を感じることは、継続していくうえで大事なことなのです。
 

■継続していくうえで大切なことは?

 
よしっ、ここまでできた。
あと、もう少しで終わるぞ!

このような手ごたえを感じているときは、やる気もありますし、ゴールに向かってラストスパートをすることだってできます。

しかし、これがいつ終わるのかわからない。たとえ、目標を達成したとしても、意味のあるものでは無かったらどうでしょうか。

途中で飽きたり、やめてしまったり、他のことをやり始めたりして、継続していくことは難しくなりますよね。

やっぱり、手ごたえや刺激が必要なんですよ。

それが、続ける理由になったり、やる気をアップさせるエネルギーになります。
 
 
 
 
うまく継続させていくためには、手ごたえを感じるような工夫が必要なのです。

たとえば、いつもとは、ちょっとだけやり方を変えてみたり、目標を設定して、そこに向かって進んでみたりして、自分で変化を作り、受ける刺激を作っていくことが大切です。

そして、壁にぶつかったり、スランプになったときも、何か手ごたえをつかむことができれば、それがきっかけとなって乗り越えることができたり、前向きに考えることもできるようになるのです。
 

■「今日の教訓」

 
手ごたえを感じることは、継続していくうえで大切なこと。壁にぶつかったり、スランプになることもあるけど、手ごたえを感じることができるからこそ乗り越えられるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly