調子が良いときも、悪いときも、そこから何かしらの再確認ができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

human-941943_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

長い人生には、良いことがあったり、悪いことがあったりしますよね。ずっと良いことばかり続いたり、ずっと悪いことばかりが続くのも、何だか気持ちが悪いです(笑)。
 

■どんな出来事でも、そのときになって気づくことや、忘れていたことを思い出すときがある

 
人間ですから、調子が良いときもあれば、悪いときもあります。

なんで、こんなに辛いんだろう。いつまで続くのかな。

そんなことを思うこともありますが、それが永遠に続くかと言えば、そうではないですよね。

調子が良いときは、どうして調子が良いのか。

ちょっと考えてみると、睡眠が十分に確保できている。食事もしっかり3食とっている。自分一人の時間がある。趣味の時間が充実している。

調子が良いときは、どんなときか。その再確認をすることができます。

逆に、調子が悪いときも同じです。

調子が悪いのは、その理由があるからです。
 
 
 
 
調子が良くても、悪くても、そのときになって気づくことや、忘れていたことを思い出すこともあります。

たとえば、10分の仮眠が、3時間以上も眠ってしまったとき。

あきらかに、これは仮眠のレベルではありません(笑)。

もし、仕事中であれば大問題です。

3時間以上も眠ってしまった原因があるはずで、それを探す必要があります。

調子が悪かったといえば、そこで終わってしまいますが、3時間以上も眠ってしまったことで、何か再確認することができないかを考えてみると、ただ眠るだけで終わるのではなく、次に活かせることもできるようになります。
 

■「今日の教訓」

 
調子が良いときも、悪いときも、そこから何かしらの再確認ができる。気づかなかったこと、忘れていたことを思い起こしてくれると思うんだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする