直感をどう扱うかで、日々の生活にも影響を与えている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

girl-777468_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

直感というものを信じていますか。

たとえば、突然やってくる「ひらめき」。「虫の知らせ」という言葉もありますよね。

ポジティブなこと、ネガティブなこと、直感にもいろいろありますが、信じて素直に従うか、拒否するかは選ぶことができます。
 

■直感に、素直に従うということは、自分の気持ちを尊重して行動したことになる

 
これ欲しいな。
ここに行ってみたいな。

ネットの発達によって、誰でも簡単に情報収集できるようになったので、欲しいものや、行ってみたい場所など、ネットが無いときと比べたら格段に増えています。

この「ピン!」ときた、直感をどう扱うかで、日々の生活にも影響を与えています。

たとえば、テレビや雑誌を見ていて、これ欲しいなと思ったとします。

このとき、値段が高いから無理だとか、家族から反対されるに決まっているとか。

自分の素直な気持ちに対して逆らってはいませんか。

ピン!ときた、直感に、素直に従って、欲しい物を買う。行ってみたい場所に行ってみる。

結果はどうあれ、直感に、素直に従うということは、自分の気持ちを尊重して行動したことになります。

直感を信じるか、信じないかは、自由ですが、自分の気持ちを感じるセンサーのようなものだと思って、素直に直感に従って動いてみてはどうでしょうか。

自分の気持ちに素直になれるか試されているかもしれないし、直感に気づくことができるのは素晴らしいことじゃないですか。
 

■「今日の教訓」

 
これ欲しい。ここに行ってみたい。そういった直感には、素直に従うのもいいと思う。自分の気持ちに素直になれるか試されているかもしれないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする