どこかで手を抜く、息抜きをすることは、完璧主義を防ぐことにもなる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tired-hikers-249683_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分ひとりが頑張らなければと思っている人は、どこかで手を抜くのが苦手な人も多いようです。

責任感が強い人でもあり、人に任せることができない人。

本人は気づいていなくても、自然に完璧主義になっているのではないでしょうか。
 

■どこかで手を抜いてみよう

 
これは、自分がやらなくっちゃ。
これも、今日中に自分が何とかしよう。
あれは、自分がやらなければダメだ。人に任せられない。

こんなふうに、自分ひとりで、頑張っている人も多いはず。

たしかに、自分が担当していること、任されていることは、頑張りたくもなりますし、人に任せたら、相手に迷惑がかかるかもしれない。

そんな気遣いがあるのだと思います。

特に、仕事の場合は、上司や先輩の指示で動くことも多いので、自分ひとりで抱えるものも多いかもしれません。
 
 
 
 
しかし、自分ひとりで抱え込んで身動きがとれなくなる経験をしたことはありませんか。

自分ひとりで作業をしていると、集中することができるかもしれませんが、つい頑張りすぎてしまうのかもしれませんね。

自分ひとりでやればやるほど、他の人に相談しづらくなりますし、任せるのも難しくなります。あと、面倒くさいと思うこともありますよね(笑)。

でもやっぱり、限界というものはあるので、体を壊してしまう前に、どこかで手を抜いてみるのがいいでしょう。

手を抜くといっても、あきらかに酷いものはいけませんが、自分ひとりが頑張らなくても、周りにいる人たちがやってくれることもあるのです。

自分ひとりで頑張ってきた人は、それだけ一生懸命にやってきた人です。

そろそろ、手を抜く練習をしましょうよ(笑)。

どこかで手を抜く、息抜きをすることは、完璧主義を防ぐことにもなるのです。
 

■「今日の教訓」

 
自分ひとりが頑張らなくても大丈夫だということに気がつくためには、どこかで手を抜いてみること。これは、完璧主義を防ぐことにもなるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする