計画から、脱線しそうで脱線しない。脱線しても、すぐに復活できるような軌道修正をするためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

path-892947_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

いまやっていることは、その時間帯にふさわしいことなのか。

そんなことを考えることがあります。

もっとほかに、やるべきことがあるのではないか。

それを、いまやる必要があるのか。

自分自身に問いかけていくと、答えが出てくることがあります。
 

■いまやっていることは、その時間帯にふさわしいことなのか

 
タスクリストの順番のとおりに進んでいるときは、気持ちが良いものですし、計画どおりに進んでいることがはっきりわかるので、気持ちにも余裕があります。

しかし、そこは人間ですから、計画とは関係ないことをやりだしたりもしますよね。

いわゆる、計画からの脱線というやつです。

できれば避けたいことですし、脱線なんかしないほうがいいに決まっています。

脱線をしたら、元の状態に復帰するまでに時間がかかり、さらに正常に動き出すまでにも時間が必要になってきます。

それだけ、脱線してしまうと多くのものを失うことになります。

時間を無駄に使い、締め切りや期限を圧迫し、信用を失うこともあるかもしれません。
 
 
 
 
でも、繰り返しになりますが、そこも人間です(笑)。

完璧にできるわけがありません。

むしろ、計画どおりに進まなことのほうが多いでしょう。

自分ひとりで生きているわけではないし、逆らうことができないような出来事もありますから。

だからせめて、いまやっていることは、その時間帯にふさわしいことなのか。

1日のなかで、何度か質問を投げかけてみてください。

すると、脱線しそうで脱線をしない。たとえ、脱線しても、すぐに復活できるような軌道修正をすることはできることに気がつくはずです。
 

■「今日の教訓」

 
いまやっていることは、その時間帯にふさわしいことなのか。ちょっと考えてみるといいよ。関係のないことや、つまらないことで時間を使うよりも、その時間にふさわしいことをやっていこう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする