2人でやっていたことを1人でやろうとするときにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

medium_301168593
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

2人でやっていたことを、1人でやろうとすると、やることも2倍になるの?

仕事をしているときに、ふと思いました。

私がやったことは、今までの作業記録を振り返りつつ、新しいやり方を混ぜ合わせることでした。
 

■異なる2つのものを混ぜ合わせることで、新しい仕組みを構築していく

 
2人でやっていたことを、1人でやることになりますから、時間も作業量も増えることは確実でしょう。

それだけ、負担も大きくなるわけです。

負担が大きいと分かっていても、仕事の場合は、やらなければいけませんよね。

その時に、私がやったことは

・自分の仕事の作業記録を振り返る

・新しいことを試すためのリストを作る

この2つです。そして、最終的にはこの2つを混ぜ合わせることになりました。
 
■自分の仕事の作業記録を振り返る
 
まず最初は、自分の仕事を、もう一度見直すことにしました。2人でやっていたことを1人でやりますから、今まで自分がやっていたことを、あらためて確認しないと、作業の手順や準備をしたりする調整が難しかったからです。

自分ひとりでやっていたときは、自分の裁量でやっても大丈夫でしたが、2人でやっていたことを1人でやる場合は、時間配分や作業の段取りなどを練り直す時間も必要になりました。

 
■新しいことを試すためのリストを作る
 
これは、新しいことを始めること、試したいことを書き出したリストのことです。結果として、やることが増えてしまいますが、リストを作ることで、やらないことや、諦めなければできないことも分かってきます。

新しいことを試すということは、新しいアイデアが生まれたともいえると思うので、たとえ失敗をしたとしても、そのことも記録と残しておくことにしました。
 
 
 
 
詳しい仕事の内容を書くことができないので、曖昧なところが多すぎて申し訳ないのですが、

・自分の仕事の作業記録を振り返る

・新しいことを試すためのリストを作る

この2つを混ぜ合わせて、試行錯誤を繰り返していきました。

今までの経験と新しい試みを、ブレンドした感じでしょうか。

異なる2つのものを混ぜ合わせることで、私は新しい仕組みを構築するチャンスが来たと思って、今でも試行錯誤をしています(笑)。

みなさんにとって、何かのヒントや、きっかけになれば幸いです。
 

■「今日の教訓」

 
今まで2人でやっていたことを、1人ですることになった時、大変だなと思うことがあるかもしれないけど、作業記録を残しつつ、今までの経験と新しい試みを混ぜ合わせて、新しい仕組みを構築するチャンスがやってきたと思えばいいんだよ。
 
photo credit: rolands.lakis via photopin cc
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする