まとめてやるのが大変なことは、たくさんになる前に処理をしたほうがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kazu(@kazkazstyle)です。

定期的にやらないで、あとになって大変なことになったことはありませんか。

最初は小さくても、放っておいたことで事態が大きくなってしまうことがあります。

それは、仕事でも、日常生活の些細なことでも同じです。
 

■その日にできることは、その日のうちにやっておいたほうがいい

 
定期的にやらないで、あとになって大変なことになるもの。

私の場合は、掃除です(笑)。

掃除をするのが苦手で、つい先送りしてしまいます。

でも、部屋が汚いのは嫌なので、掃除はしていますよ。

でも、定期的にやらないから、ちょっと掃除するだけでも大変で疲れてしまいます(笑)。

そのなかには、面倒くさいという気持ちも含まれています。

面倒くさいから、時間が空いているときにやろう。

これは、永遠にやらないといっているのと同じです(笑)。

時間が空いているときは、やってこないし、面倒くさいからやらないということは、さらに面倒くさくなって、さらにさらに掃除をしないということになってしまいます。

そして、あまりの汚さに気がついたときに、ようやく掃除をしなければいけないなと、重い腰を上げたときには、もはや手遅れの状態になっているのです。
 
 
 
 
定期的に掃除をしないと、どうなるのか。

捨てなければならないゴミの数が増えたり、整理しなければならない量が増えていくのです。

この数と量が増えてしまうと、あとから処理をするのが大変なことになります。

これは、掃除だけではなく、PCのハードディスクにある不要ファイルや、書類の整理などにも似ているところがあります。

つまり、数や量が増えていく作業は定期的に処理したり、整理することが必要なのです。

できれば、その日にできることは、その日のうちにやっておいたほうがいいでしょう。

私には、難しいことですが(笑)。

あなたは、数や量が増えていく作業にはどんなやり方をしていますか。
 

■「今日の教訓」

 
定期的に掃除をしないと、あとで大変なことになる。やはり、まとめてやるのが大変なことは、たくさんになる前に処理をしておいたほうがいい。それは、放っておくと、数や量が増えていくものたちだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする