いつも決まっている時間帯にやっていることを、きちんとやっていれば、1日の計画が大きく崩れることはない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

clocks-1098080_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

いつも決まっている時間帯にしていることは何でしょうか。

食事でもいいですし、お風呂に入るでもいいし、子供と遊ぶでもいいですよ。

決まった時間にやることが速やかにできるようにしておくと、他の時間帯も有効活用することができるようになります。
 

■決まっている時間帯にやっていることは、必要不可欠なものだったり、大切だと思っていること

 
人間の行動には、一定のパターンがあります。

いつも、行き当たりばったりに、不規則に行動しているわけではありません。

これは、誰でも共通していることです。

いつも決まっている時間帯にやっていることを、きちんとやっていれば、1日の計画が大きく崩れることはないでしょう。

決まっている時間帯にやっていることですから、生活に必要不可欠なものだったり、大切だと思っていることだからです。

たとえば、睡眠や食事、そして仕事。学校に行く。子供を迎えに行く。習い事に行く。

これらの決まった時間に行動を起こすものが滞りなく行われていれば、大きな問題にはなりにくいはずです。
 
 
 
 
もし、決まった時間に行動を起こすことができなくなったら、どうなるでしょうか。

●寝るのが遅くなって、睡眠時間が短くなる。
●食事の時間が遅れて、他のやることにも影響が出てしまった。
●仕事に遅刻して、上司に注意された。

決まった時間に行動を起こすことができないということは、約束を守ることができなかったと同じなのです。

しかも、決まった時間に関係なく割り込んでくるものもありますから、決まっているものは速やかにできるようにしておいた方がいいはずです。

決まった時間にやるべきことをやる。

これが守られるようになってくると、他の時間も有効に活用することができるようになりますよ。
 

■「今日の教訓」

 
いつも決まっている時間帯にやっていることはあるかな。その時間になったら、速やかに行動できるようにしておくと、他の時間帯も有効活用できるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする