ほんの数分でもいいから、行動を起こすだけでも、心の後悔のダメージは少なくなる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hand-1076597_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やればできるのに、やらないでいる。

果たして、その未来はどうなるでしょうか。
 

■簡単にできるものほど、やらなかったときのダメージは大きい

 
やればできるのに、やらないことはよくあります(笑)。

私は、行動記録も残していますし、タスク管理をしているので、本当に痛いほどわかります(笑)。

たとえば、年賀状の印刷。

毎年のことなのに、なかなか始めようとはしません。

書類を書くときもそうです。やればすぐ終わるのにやらないで、締め切りが近くなってから慌てて始めることもあります。

そのときの、精神状態は良くないと思っています(笑)。

こんな簡単なことなら、さっさと始めてしまえばよかった。もっと、早く終わることができたはずだ。

そんな後悔のストーリーが頭の中で繰り返し流れているからです。
 
 
 
 
この問題を解決するためには、やればできることはやってしまう。

それしかないと思っています。

特に、簡単なことだったら、さっさと始めて終わらせてしまう。

もし、終わらなくても途中まで進めておく。

ほんの数分でもいいから、行動を起こすだけでも、心の後悔のダメージは少なくなるはずです。

今までの経験から、簡単にできるものほど、やらなかったときのダメージは大きいです。

年賀状を書くことは、それほど難しいことではありません。

でも、やらずに年末が迫ってくると、焦りますし、早く投函しなければと慌ててしまいます(笑)。

やればできることは、始めてしまう。

来年の年賀状を書くときまで、忘れないようにしていきたいです(笑)。
 

■「今日の教訓」

 
やればできるのに、やらないでいると、精神的にも良くないと思うし、自分のことを信用できなくなっちゃう。簡単にできるものほど、やらなかったときのダメージは大きいよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする