とにかく、重要で大切なことを始めたもん勝ちなのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

the-strategy-1080533_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何が重要で、大切なことなのか。

どこまで、わかっているでしょうか。

仮にわかっていたとして、実際に行動を起こしているでしょうか。
 

■重要で大切なことを、先にやったところで、どうでもいいことがやってくる

 
重要で大切なことから、先にやる。

多くの人たちは知っているはずです。

しかし現実は、重要で大切なことよりも、目の前のことをやることで精一杯だったり、どうでもいいことに時間を使っていませんか。

ここで重要なことは、何が重要で、何がどうでもよいことなのか。その判断ができるかどうかです。

たとえ、判断をすることができたからといって、重要で大切なことから、先にやるとは限りません。でも、判断をするということは、決断をすることにもなりますから、どこかで自分で判断を下すことになるのです。
 
 
 
 
どれが重要かなんてわからない。決めることができない。

もしそう思っていたとしても、それだって自分で判断しているじゃないですか(笑)。

それは、言い訳ともいいますよね。

でも、言い訳はしてもいいと思っています。弱音を吐いてもいい。

大切なことは、どうでもいいことは、次から次へとやってくるということです。

そのことを知ったうえで、重要で大切なことから、先にやってみてください。

言い訳してもいいですし、弱音を吐きながらでもやってみてください。

どうでもいいことが、次から次へとやってきたとしても、重要で大切なことに意識が向くようになってきますから。

実際に、重要で大切なことを、先にやったところで、どうでもいいことがやってきます。

それなら、とにかく重要で大切なことを始めたもん勝ちなのです。
 

■「今日の教訓」

 
重要で大切なことから、先にやる。これ鉄則!な~んて言うのは簡単だけど、実際は難しい。でも、これをやらないと、いつまでたっても、重要なことなんてできない。どうでもいいことは、次から次へとやってくるからだ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする