何かをやり遂げるために挑戦することは、決して無駄なことではない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

arm-wrestling-569288_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

目標を達成したり、何かをやり遂げたときは嬉しいですよね。それまでの苦労も忘れてしまうことだってあります。

それだけ、最後までやり遂げた経験には、得られる価値が大きいのです。
 

■最後までやり遂げた経験は、すべて次につながる宝になる

 
大きなプロジェクトをやり終えた。
資格試験に合格した。
プラモデルが完成した(笑)。

程度の差はあっても、目標を達成したり、何かをやり遂げたときは満足度も高く、ニヤニヤすることも(笑)。

途中の過程で、失敗や挫折を経験したり、くじけそうになったり。

でも、最後までやり遂げることができたという気持ちが、すべてを吹き飛ばしてくれます。

最後までやり遂げたという経験は、自信にもなります。

他の人たちに伝えることで、さらに大きな力を生み出すこともできます。
 
 
 
 
でも、最後までやり遂げることができるかどうか。

最初は、誰にもわかりません。

簡単なことであっても、終わってみなければ、やり遂げたとは言えないからです。

たとえば、仕事の帰りに買い物をするとします。

無事に、買い物をすることができたら、最後までやり遂げたことになりますが、もし忘れてしまったら、やり遂げたことにはなりませんよね。

だから、最初は誰にもわからないのです。

でも、少し視点を変えてみると、最初の一歩を踏み出すことは、最後までやり遂げる経験をすることに近づくことになるのです。

最初は誰にもわからなかったとしても、最初の一歩を踏み出すことで、少なくとも自分だけでもわかるようになってくれば、行動を起こしやすくなります。

もちろん、途中で挫折をしてしまったり、失敗することもあります。

でも、成功も失敗も、すべてが経験となることは間違いありません。

次につながる宝となりますから、何かをやり遂げるために挑戦することは、決して無駄なことではないのです。
 

■「今日の教訓」

 
目標を達成したり、何かをやり遂げたときは嬉しいもの。最後までやり遂げた経験はあったほうがいいし、そこに至るまでの過程が、すべて経験となり、成功も失敗も、すべて次につながる宝になるんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする