ダラダラしたあとでも、たくさんの選択肢があり、それを選ぶことができる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

directory-973992_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

何もしていない時間はない。

何もしていないと思っても、必ず何かをしている。

これは、私が勝手に思っていることですが、決して外れてはいないと思います。
 

■選択肢は、必ずしも否定的な考えだけではない

 
1日、ダラダラと過ごしてしまったとします。

ダラダラと過ごしていたわけですから、何もしていなかったとは違いますよね。

でも、ダラダラと過ごしていると、何もしていないと思ってしまうことも多いのです。

まるで、自分がダメ人間だと思ってしまう人もいるかもしれません。

実際は、何かをしていることは確かなことです。

ダメ人間だなんて思ってしまうことは間違っています。
 
 
 
 
今日は、ダラダラと過ごしてしまって何もできなかったと思っていると、「~できない」、「~は無理」のような否定的な考えをすることが多くなり、ますますダラダラしてしまうこともあるでしょう(笑)。

しかし、ダラダラと過ごしたとしても、それ以外のことはできていたはずです。

そこに目を向けることができれば、「~できない」、「~は無理」のような否定的な考え方から抜け出すきっかけになります。

選択肢は、必ずしも否定的な考えだけではないはずです。

その逆も、必ず存在するのです。

ダラダラしても、いいじゃないですか(笑)。

大切なのは、ダラダラしたあとでも、たくさんの選択肢があり、それを選ぶことができるのです。
 

■「今日の教訓」

 
ダラダラすごしたといっても、何もしていないわけではない。~できない。~は無理。と思っても、それ以外のことはできている。まずは、そこに目を向けるようにすれば、選択の幅も広がっていくよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする