自分自身との信頼関係の絆を強くするためにしていること

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

laughter-775062_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分との約束を守ることは、とても大切なことです。

だって、自分に対してウソをつき続けていたら、自分のことを信じることができなくなるからです。

自分を裏切り続ける人生なんて嫌ですよね。
 

■自分自身との信頼関係はどうなっていますか

 
他人との約束は、何としても守ろうとするのに、自分との約束はすぐに破ってしまうのはどうしてなんでしょうか(笑)。

他人との約束を守ろうとするのは、相手に迷惑がかかるといけないからという理由が、いちばん大きな理由だと思います。

たしかに、相手との信頼関係を壊さないためにも、約束を守ることは大切ですよね。

でも、これはすべて、自分自身にも同じことがいえるのです。

自分で、自分の約束を破ると、自分自身に迷惑をかけていることになります。
 
 
 
 
たとえば、今日はこれだけはやると決めたことをやらなかったり、すぐにやれば終わる簡単なタスクを、言い訳してやらなかったりして、自分を裏切り続けていると、どうなるでしょうか。

相手との信頼関係が壊れるのと同じで、自分自身との信頼関係も壊れてしまいます。

そして、自分でした約束を守っていると、気分がいいのは自分自身との信頼関係の絆が強くなっていくからです。

だからこそ、やれば確実にできることは、しっかりとやっていく。簡単で、すぐにできるタスクをバカにせずに、コツコツとやっていくことで、自分自身との信頼関係が良好になっていくのです。
 

■「今日の教訓」

 
やれば確実にできることは、しっかりとやっていくと、気分がいい。自分でした約束を守っているからかな。簡単で、すぐにできるタスクをバカにすることはできないな。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事