いま自分がしていることを認識できないと、軌道を修正したり、問題点を見つけたり、振り返ることができなくなる

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

dog-624951_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

目標に向かって進むときや、時間の使い方を改善するときなど。

いま自分がしていることは何か。

そのことを認識することができていないと、改善するどころか、修正することさえ難しくなってしまいます。
 

■自分がしていることを、いつも認識しているわけではない

 
いま、あなたは何をしていますか?

すぐに答えることができたなら、何も心配ありません。

もし答えることができない。わからないと思っている方には、正解を書いておきますね。

いま、あなたがしていることは、このブログを読んでいるのです!

どうでしょうか(笑)。

当たり前だろと突っ込みを入れる方と、ぜんぜん気がつかなかった方もいると思います。

私たちは、自分がしていることを、いつも認識しているわけではないからです。

習慣になっているものもあるでしょうし、他のことを考えていることもあるでしょう。

意外と気がついていないものなのです。
 
 
 
 
いま自分がしていることを認識できない状態が続くと、どうなるでしょうか。

まず、計画通りに進めることが難しくなります。いま何をしているのか分からないと、どこまで進んでいるのかも分からないということになってしまうからです。

悪い習慣があったとしても、それに気がつくことができなければ、修正することもできなくなってしまうことになります。

いま自分がしていることが認識できなければ、ただ時間だけが過ぎてしまって、何もできなかったと勘違いすることもあるでしょう。
 
 
 
 
1日のすべての行動を認識しろ言っているわけではありません。

少なくとも、自分がやっていることを、一つひとつ確認ができるようにしておいたほうが、軌道を修正したり、問題点を見つけたり、振り返ることがしやすくなります。

これらをサポートしてくれるのが、タスク管理やチェックリストなのです。

作業のリストを作れば、リストを見ながら行動することによって、いま自分がしていることを確認しながら行動することができるようになります。

さて最後にもう一度、いま、あなたは何をしていますか?
 

■「今日の教訓」

 
いま自分がしていることを認識できることは大切なことだ。認識できないと、修正することができないからね。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事