面倒くさいからといって、何もしない状態を避けるためにしていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

boy-717151_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

面倒くさいなと思ってやらないでいると、あとになって、もっと面倒なことになってしまいますよね。

そんな経験を何度もしているはずなのに、面倒だからといってやらない状態が続いていませんか。
 

■面倒くさいという気持ちはあってもいい。無理に消そうとするほうが難しい

 
面倒くさいという気持ちが出てくると、なぜか動きが止まってしまいます。

そして、本当はやるべきことでも、今じゃなくてもいい、あとでやればいい。

そんな勝手な思い込みも現れます。

だから、「面倒くさい」という気持ちが出てきたら、注意すべきです。

面倒くさいと思っているときは、やりたくない気持ちや、その場から逃げ出したいという気持ちも含まれているからです。
 
 
 
 
現実は、面倒くさいと思っていることでもやらなければいけないことが、たくさんありますよね。

どこかで、面倒くさいと気持ちに打ち勝たなければなりません。

でも、それは無理ってもんです(笑)。

面倒くさいという気持ちは、あってもいいんです。無理に消そうとするほうが難しいからです。

私の場合は、面倒だと感じたら、無理にでもやろうとはせずに、とりあえず準備だけはしておこう。

そんな軽い気持ちから始めることにしてます。

少しずつ、ちょっとだけ準備を進めていくだけです。

これは、面倒くさいからといって、何もしない状態を避けるためです。

準備を進めていくなかで、気持ちの整理もできますし、行動を起こすチャンスを増やすことができます。
 

■「今日の教訓」

 
面倒くさいと思っていることは、少しずつでもいいから準備をしていくといい。気持ちの整理や、整える効果があるかもしれないから。何もしないよりも、行動を起こすチャンスが多くなるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする