これが集中している状態だと判断する材料として使っています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

female-702961_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことが、たくさんある。

でも、できない。進まない。

あれ?不思議ですね。

やりたいことが、たくさんあるのに(笑)。
 

■自分の言葉を使って説明することができるようにしておきたい

 
やりたいことがあるのに、やらない。できない。

それは、なぜだろう?

私のような素人には、明確な解答を導き出すことは不可能ですが(笑)、ちょっと考えることがあります。

●やりたいことが多すぎるから、できないのか?
●本当は、やりたくはないことなのか?

どちらも正しいようで、間違っているような(笑)。

よく分からない状態です。

でも、やりたいことがあるのに、やらないでいるのは、非常に勿体ないですよね。

やりたいことの中から、まずは一つでもいいから、やったほうがいいと思うのです。
 
 
 
 
選択と集中。

こんな言葉を耳にしますが、やりたいことがあるのにできない理由が、この中にあるような気がしています。

●やりたいことの中から、一つを選ぶことができない
●他のことが気になって、取りかかることができない

選べない。
集中することができない。

この2つが原因になっているのではないかと。

ただ、決断力が無いからできないということで、片づけてしまっては解決することは難しいですが、選択と集中に着目してみると、また違う切り口から考えることができそうです。
 
 
 
 
やりたいことを選ぶのに、それほど迷うことはないでしょう。

とりあえずでも、始めてしまうことができるからです。

しかし、集中することになると、どうすればいいのか。集中しているときは、どんな状態なのか。

自分の言葉を使って説明することができるようにしておきたいものです。

集中するといっても、人それぞれ考え方や、やり方も違うからです。

私は、集中しているときは、他のことが気にならなくなって、時間が物凄い速さで進んでしまう感覚になります。

この感覚を、大切にしています。

あくまで主観ですが、自分なりに、これが集中している状態だと判断する材料として使っています。
 

■「今日の教訓」

 
一点集中をしているときは、他のことが気にならなくなったり、視野が一点に集まったり。その感覚を大切にしていこう。集中できないんじゃなくて、集中のやり方を知らないだけかもしれないから。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする