焦らず、慌てず、経験を武器として使って、じっくり進めていくことで、年齢の壁を乗り越えることができる?

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

human-1042974_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

年齢を重ねてくると、あれっ?

と思うことがあります。

できると思ったことができない。思い出せない。忘れちゃった。

何だか悲しい話ですが(笑)。
 

■年齢を重ねている分だけ、経験は確実にある

 
若いころにやっていたから、今でもできる。大丈夫さ。

40歳を過ぎたころから、こんなことを考えるようになった気がします。

ただ、現実は悲しいもので(笑)、大丈夫ではなかったりするのです。

特に、体を動かすことに関しては、10代や20代のころのような動きは、だんだんとできなくなってきていることを感じています。

瞬発力などは、若いころのほうが良かったです。

今では、すぐに動くことなんて難しくてできませんから(笑)。
 
 
 
 
しかし、経験はだけは、10代や20代のころよりは確実にありますから、経験を有効に使うようにしています。

たとえば、ランニングです。

若かったころと同じような走りはできないので、焦らず慌てずにコツコツと走り続けていたら、今の40代の自分のほうが速く走ることができるようになりました。

過去と現在で、違うところがあるのは当然のこと。

焦らず、慌てず、経験を武器として使って、じっくり進めていくことで、年齢の壁を乗り越えることができる。。。かもです(笑)。
 

■「今日の教訓」

 
若いころにやっていたから、今でもできる。大丈夫さ。でもそれって本当かな?過去と現在では違うところがあるはず。ここは、焦らず慌てず、じっくりと進めていったほうがいいこともあるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事