新しいことを取り入れることで、その良さに気づいたり、過去の自分との違いもはっきりする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fountain-pen-810540_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

新しいものを使うときって、何だかワクワクしませんか。

今までとは違う新鮮さ、手触り。

新しいものには、新しいものの良さがありますよね。
 

■過去と現在の違いがはっきりする

 
コツコツと貯金して、新しいものを買ったり、誰かからプレゼントされたり。

新しいものが手に入った経緯などによっても、大きく影響されるはずです。

私の場合、万年筆です。

子供のころから、文房具が好きで、大人になったら買いたいと思っていました。

そしてついに意を決して、万年筆を買いました。

値段は、5万円ちょっとです。

これはもう最初で最後の1本。

買ってからしばらくは、なぜかドキドキしていました(笑)。

筆記用具の最初は鉛筆。次にシャープペンシル。そして、ボールペン。

あ、そうそう。フェルトペンというやつも使っていたことがあります。

初めて万年筆を使ったときは、うまく書くことができませんでした。力を入れすぎて書けなかったのです。

余計な力を使わずに書けるので、万年筆っていいなって思いました。

でも、万年筆を使ったあとに、ボールペンなどを使うと今度はインクがかすれて書くことができない(笑)。

逆に、書く力が足りないから書けないんですね。
 
 
 
 
これって面白いなと思いました。

いままで使っていたものを新しいものにするだけで、新しいものの良さがわかり、古いものとの違いがはっきりするからです。

ちょっと前までは、気づかなかったのに(笑)。

人間も同じようなもので、新しいことを取り入れることで、その良さに気づいたり、過去の自分との違いもはっきりしてきます。

新しいものには新しい良さがあり、古いものは、古いからこその良さがあるんですね。
 

■「今日の教訓」

 
いままで使っていたものを新しいものにすると、新しいものの良さがわかり、古いものとの違いがはっきりする。それは、人間も同じようなもの。新しいことを取り入れることで、良くなっていくし、過去の自分との違いもはっきりしてくるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする