成長の様子が記録から分かるようになると楽しくなってくる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

run-847957_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

3年ほど前から、ランニングをしています。

子供のころは、走ることが大嫌いだったのに(笑)。

なぜ大人になった今、走り続けることができているのか。

ちょっと考えてみました。
 

■記録を残しておくことで、良くなっているところ、悪くなったところが分かるようになってくる

 
今では、走ることに何の抵抗も無くなりましたが、子供のころは走るのが大っ嫌いでした。

年に1回、マラソン大会というものがあったのですが、それが嫌で嫌で泣きそうでした。

走ったとしても、最下位のグループ争い(笑)。

女の子にも負けてしまうほど、走るのが苦手でした。
 
 
 
 
では、なぜ今では走ることができるようになったのか。

子供のころとは決定的に違うのは、「記録」を簡単に残せるようになったことです。

スマホのアプリや、GPS付き腕時計を使って位置情報を取得し、走ったコースや、1キロごとのスプリットタイムなど、走ったときの記録を簡単に残すことができるようになりました。

スタートとストップのボタンを押せば、簡単に記録を残せることができるのって、すごいことだと思いませんか(笑)。
 
 
 
 
記録を振り返り、あーでもない、こーでもない。といいながら、チェックしていくと、最初はひどいタイムだったのに、少しずつ良くなったことに気づいたり、風が強い日は、向かい風に負けて、タイムが伸びなかったり。

記録を残しておくことで、良くなっているところ、悪くなったところが分かるようになったことで、少しずつ走ることが楽しくなっていきました。

楽しくなった理由は、成長の様子が記録から分かるようになったからです。

記録を残して、振り返りながら続けていくと、楽しさを感じたり、継続したいという気持ちが出てくるのです。
 

■「今日の教訓」

 
前回よりも、どこまでできたのか。記録を残し、振り返ることで、はっきりとわかる。良くなっているところ、悪くなったところ。この2つがわかったほうが、成長の様子も見ることができるよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする