無理なく続けるには、少しずつ、ベストの時間帯でコツコツ貯金していく感じがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

backpack-1149461_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

年齢のせいでしょうか。

最近は、よく疲れます(笑)。

年齢のせいにしたくはないとも思っています。
 

■「無理なくできる」時間帯と、「無理をしなければできない」時間帯がある

 
疲れてしまうのは、仕事だったり、人間関係だったり、いろいろありますよね。

逆に、自分が好きなこと。

夢中になっていることで、疲れたとしても平気だったりもします(笑)。

疲れたと感じても、そのときの状況によって変わってしまうのです。

疲れを感じることは、決して良い気分ではないので、なるべく疲れないようにしていきたいです。
 
 
 
 
では、どうしたらいいのか。

疲れないようにしていくには、無理があってはいけない。いけないというか、できる限り無理をしないようにもっていきたい。

そんなことを考えていました。

そうはいっても、無理をしなければいけないときもある。

それでは、また疲れてしまう。どうしよう。

もう、頭の中でグルグルと同じことばかり考えていました。

ただ、私の場合は、行動記録を残しているので、どの時間帯が疲れを感じやすいのか。集中できないのか。

行動記録を振り返ることで、何となくですが分かります。

「無理なくできる」時間帯と、「無理をしなければできない」時間帯があるのです。

それなら、「無理なくできる」時間帯にやるようにしよう。できることなら、「無理なくできる」時間帯を増やしていきたいとも考えました。
 
 
 
 
「無理なくできる」時間帯を増やすために、「休む」ことを意識しました。

休んでいると、その間は何もできないような気がしますが、そうでもないのです。

疲れる前に、先に休むことを心がけるだけで、無理なく確実に進むことが分かったからです。

すべてを、自分ひとり全力でやる必要ないのです。

誰かに任せられるものは、任せてしまえばいいし、やらなくてもいいことは無理してやらなくてもいい。

ただ、何もやらないことばかりが続くのは、それは先送りしていることになりますから、「とりあえず始めて、適当なところで休んで、また始める」。

これが私のやり方になりました。

あなたの、無理なく続けるやり方は何ですか。
 

■「今日の教訓」

 
とりあえず始めて、適当なところで休んで、また始める。無理なく確実に進めていくために、自分にあったやり方を見つけよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする