気持ちを変えるチャンス。自分のスイッチは自分で探して、自分で押す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hand-943962_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

環境が変わることは、良くも悪くも影響を与えますよね。

もうすぐ、4月です。

新学期や、新年度を迎える方もいると思います。

そのときに、自分のスイッチが入るときは、どんなときか。

知るチャンスですよ。
 

■スイッチが入る瞬間がやってきた

 
自分のスイッチというのは、環境の変化で、気持ちや行動が変わるというもので、私が勝手に決めて使っている言葉です。

新しい環境とは

●新しい場所
●新しい人

この2つが大きく影響することになります。

特に、3月から4月にかけては、引っ越しのシーズンでもあり、卒業と入学があることも重なって、環境が大きく変わる季節ですよね。

多くの人たちが、新しい場所に行ったり、新しい人たちと出会うことになります。

逆に、多くの人たちと別れることにもなります。

いつもとは違う空気、いつもとは違う経験するわけです。

少し不安定な状態になりやすい季節なのです。
 
 
 
 
今まで慣れ親しんできたところから離れるわけですから、状態に変化が起こるのは当然ですよね。

そんなときこそ、スイッチが入る瞬間です。

不安を感じることがあったり、新たな出会い、新たなスタートを切ることができるわけですから。

自分の気持ちの変化に気づきながら、スイッチをオンにして、新生活を迎えてみてはどうでしょうか。
 
 
 
 
自分のスイッチは、自分で押すしかありません。誰かが押してくれたり、スイッチの場所を教えてくれることはありません。

自分のスイッチは自分で探して、自分で押す。

それができるのが、3月から4月にかけてのこの季節なのです。
 

■「今日の教訓」

 
新しい人がやってきたり。働く場所が変わると、いつもよりも仕事に力が入ったりする。きっと、スイッチが入るんだよね。自分のスイッチが入るときは、どんなときか。知っておいて損はないよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする