負の感情を生まないために、やりたいことがあるなら、すぐに行動を起こし、やってしまったほうがいい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

girl-1012862_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

やりたいことがあるなら、やればいいと思います。

でも…。だって…。

この言葉がすぐに出てくるなら、自分の気持ちから遠ざかっているということです。
 

■負の感情をため込んだ自分が、勝手にアイツをイライラや、ムカつくことをさせているように見えているだけ

 
自分の気持ちから遠ざかるときは、言い訳をしている状態です。

素直ではない。ひねくれているともいえますね(笑)。

自分の感情を出していないのです。

本当はやりたいたいのに、やらないでいるから、負の感情をどんどん溜め込んでいきます。

その結果、自分がやらないでいることを、他人が簡単にあっさりとやっている姿を見ると負の感情が爆発します。

イライラしたり、ムカついたり、腹が立ったり。

なんで、アイツだけ。
なんで、アイツばっかり。

頭の中はアイツでいっぱいになります(笑)。

決して、アイツ(相手)が悪いわけではありません。

アイツは、普通にやっているだけです。

イライラさせたり、ムカつくことをしているわけではありません。

負の感情をため込んだ自分が、勝手にアイツをイライラや、ムカつくことをさせているように見えているだけなのです。
 
 
 
 
だから、やりたいことがあるなら、自分の気持ちに素直になって、すぐに行動を起こし、やってしまったほうが負の感情は生まれません。

アイツ(相手)を悪人に仕立てることもなくなるでしょう。

自分の気持ちに素直になり、自分の気持ちを裏切らないためには、思い立ったときに、すぐに行動を起こせるかが大事です。

自分の気持ちに近づくための行動を起こしてみませんか。
 

■「今日の教訓」

 
やりたくなったから、やる。やりたいから、やる。どちらもとても大切なことだ。自分の気持ちに素直になり、自分の気持ちを裏切らない。思い立ったときに、すぐに行動を起こすことができるかが大事なんだ。自分の気持ちに近づくための行動を起こしてみよう。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする