自分の気持ち。それに連動した行動。目の前の出来事に変化が起こり、望む結果に近づくんだよ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

girl-1252739_640
 
 
kazu(@kazkazstyle)です。

自分の気持ちは、他人からは分かりません。

では、自分は分かっているかと言われたらどうでしょうか。
 

■目の前の出来事を良くも悪くも見ているのは、自分自身である

 
自分の気持ちは、誰にでもありますよね。

ポジティブな気持ち。ネガティブな気持ち。

このように2つに分けて考えたりもします。

そして、気持ちだけが一人歩きしているわけではなく、それに連動した行動もセットでついてきます。

ネガティブな気持ちで、仕事をしていると、その気持ちの影響を受けて出来事がやってくるわけです。

ネガティブな出来事がやってきたと思いますか。

でも、よく考えてみれば分かることですが、出来事そのものにネガティブというものはありませんよね。

受け取り方次第で、ポジティブにも、ネガティブにもなります。
 
 
 
 
だったら、いつもポジティブでいけばいい。

そんなことを考えるのは、私だけではないはず(笑)。

でも、いつもポジティブでいられないことは誰でも知っていますよね。

ミスをして落ち込んだり、イライラしたり。

ネガティブな気持ちになることは、いくらだってありますから。

それを無理矢理にポジティブに持っていこうとするのは、それってちょっとおかしいでしょ!

私なら、そう考えます。

ただ言えることは、自分の気持ちがあって、それに連動した行動があること。

この動きの連携が、普段の生活のなかで何度となく繰り返されていることです。
 
 
 
 
自分の気持ちと、それに連動した行動。

ここに意識を向けて、目の前の出来事を見てみてください。

目の前の出来事を良くも悪くも見ているのは、自分自身であることに気づくはずです。

そう、目の前の出来事の意味が変わってきます。

その変化に気づいたとき、望む結果にも近づくことができるのです。
 

■「今日の教訓」

 
自分の気持ち。それに連動した行動。この動きの連携が、目の前の出来事に変化が起こり、望む結果に近づくんだよ。
 
 
フォローしていただけると、最新記事を読むことができます!
 
follow us in feedly
 
 

 
 

 
 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

この記事